BBQで必要な食材の量は?|東京都内、埼玉県、神奈川県、千葉県など関東全域対応

手軽にBBQ.com
電話番号 03-5849-3221

BBQで必要な食材の量は?

お肉の量は一人当たりのg数を目安に

BBQをする際に、食材の量に悩む人も多いのではないでしょうか。
多すぎたり、少なすぎたりと食材の量で失敗する人も少なくありません。
特に、お肉の量は予測が難しいです。
BBQ参加者を満足させることができるかどうかは、お肉の量が鍵になります。
基本的には、お肉の量は男性であれば一人当たり300gです。
たくさん食べる人であれば、400gを目安にしてください。
お肉よりもお酒がメインだという場合は、200g程度が良いでしょう。
女性は一人当たり200g、子供は200gから300g、小学生は200gが適量です。
小さい子供がいる場合は、お肉だけでなくウィンナーを用意すると喜ばれるでしょう。
家族でBBQをする際は、父300g、母200g、子供二人分400gとなり、合計900gという目安になります。
また、お肉の種類は、牛肉、豚肉、鶏肉をバランス良く選ぶのがポイントです。
牛肉は、リブロースやサーロイン、肩ロース、豚肉はバラ肉、ロース、スペアリブ、鶏肉はむね、手羽、ももが定番ですが、味に飽きてしまうとお肉が余ってしまうため、様々な部位をバランスよく用意しましょう。

野菜の量は少なめで十分?

お肉の量は、一人当たりのg数を目安に用意すれば良いですが、野菜の量も悩むでしょう。
BBQはお肉がメインであるため、野菜は脇役です。
お肉ばかりに手が伸び、気がつくと野菜が黒焦げになることも少なくありません。
そのため、野菜の種類や量は少なめにしましょう。
定番の野菜を少量ずつ用意してみてください。
例えば、ナス3個、ピーマン5個、キャベツ4分の1、じゃがいも5個、玉ねぎ3個、しいたけ3個ほどあれば、10人でBBQしても十分です。
家族4、5人でBBQをするのであれば、もっと少ない量で十分でしょう。
野菜が余ったときは、単に焼くだけではなく、ホイル焼きや焼きそばに混ぜると野菜を余らすことなく、消費できます。
お酒のぴったりなおつまみメニューをつくると喜ばれるかもしれません。
お酒の量や、年齢層を考慮してお肉や野菜など食材の量を選んでみてください。

ページの先頭へ