てぶらで出来ちゃうフルパッケージから器材だけレンタルしたい方向けのプランまで

電話番号 03-5849-3221

アメリカのBBQについて

アメリカでBBQが好まれる理由

BBQは今や日本でも家族や親しい人たちと一緒になって楽しめるアウトドアの1つとして広く定着するようになりました。
食材も豪快に調理し、大人数で楽しむスタイルとなっています。
日本には映画やテレビ番組などでアメリカ式の様子が紹介され、天気のよい日、野外で楽しんで肉や魚介、野菜などを焼いて楽しむイメージが定着しました。
マンション住まいの人たちもベランダで楽しんでおり、それだけアメリカ文化に溶け込んでいる料理と言えるでしょう。
家庭で調理するときは、平日、妻が毎日の料理をすることの労をねぎらうため、夫が調理するのが一般的です。
どの家庭でも「自分の料理が一番だ」という思いがあり、それぞれにアレンジをしています。
家族と子ども達で週末を過ごす一家団欒としての文化と役割を果たしており、現在もアメリカで週末の人気行事です。

アメリカ式はどうやって調理する?

アメリカでは日本より日常的にBBQが楽しまれています。 そのため、家庭には専用のコンロや卵型をしたスモーク用のコンロを揃えているところは珍しくありません。
現在でもアメリカでは燻製する方法が主流のため、BBQの日は朝から準備を行い、4~6時間ほどじっくりと時間をかけて調理します。
よく用いられている肉は牛・豚共に赤身が多く固めの肉で、豚肉ではスペアリブなどが使われることもあります。
また、鶏肉や七面鳥、ラムなどを使うこともあります。
肉は大きなブロックの状態で予め下味を付けておくかマリネし、低温でじっくりとスモークします。
肉の塊に火が入ったら、切り分けてソースを付けて食べます。
ソースは甘辛で味が濃く、チリパウダーやガーリックパウダーなどの香辛料がふんだんに使われています。
更にアメリカ式ではソースにハニーマスタードをたっぷりと添えるため、暑い日に冷たいビールやドリンクと一緒に食べると最高でしょう。
少し変わったBBQを楽しんでみたいという人は、じっくりと時間をかけて調理するアメリカ式BBQでもてなしてみるのもよいでしょう。

ページの先頭へ